【Jシステム導入インタビュー】株式会社Office bebe様(不動産関連事業/東京都)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様が先!社会貢献が先!

株式会社Office bebeがJシステムで実現した真の「三方よし」とは?

「売り手よし、買い手よし、世間よしの三方よし」。ビジネスマンであれば一度は耳にしたことがあるだろうこのフレーズは、近江商人の心得として知られています。この「三方よし」を社是として掲げる株式会社Office bebeは、今年10周年を迎える若い企業で、不動産関連事業を軸に、ブライダルやMEOなど幅広く事業を展開しています。そんな株式会社Office bebeに、「三方よし」を実現するためのツールとしてJシステムが採用されました。Jシステムがどう「売り手よし、買い手よし、世間よし」に貢献できるのか、代表の八島さんにお話を伺いました。

「よし」を受け取る順番を変えたい

どんな商売でも、まずは買ってもらわないと始まりません。買ってもらって「売り手よし」、使ってもらって「買い手よし」、社会に波及して「世間よし」。これが当たり前の順番です。ですが、徹底的に「三方よし」を追求する八島代表はこれを是としませんでした。

「我々のビジネスの結果としてお客様や社会に貢献するのではなく、我々がお客様や社会に貢献した結果として我々のビジネスが潤う。そんな形を考えました」

と語る八島代表。売り手がまず「よし」を受け取る形だと、買い手が受け取る「よし」は、商談が成立した相手に限定されてまう。そうではなく、より広く買い手と世間に貢献した上で、最後に売り手の利益になることこそが「三方よし」の理想形なのです。そのカギとなったのがJシステムでした。

まずはクライアントに益を

八島代表の考案した新しい仕組みはこうでした。まず、Jシステムを用いてお客様に有益な情報をお届けする。補助金・助成金で先に「買い手よし」をとってもらう。補助金・助成金は行政が社会をよくするために設計しているものなので、利用者が増えることは「世間よし」に直結する。最後に、浮いたお金で我々のサービスを買ってもらえれば「売り手よし」が実現できる。

実際に運用してみると、サービス・商材の売上も向上したそうです。助成金・補助金の活用でお客様の費用負担を減らせたことが大きな要因でした。

「買い手としては、自分たちのことを最優先に考えてくれてる取引先が一番信頼できますからね。実はJシステムの導入を決めたのは、担当のTさんが弊社のことを本当によく考えていてくれていたからでもあるんです。」と、八島代表は顔を綻ばせました。株式会社Office bebeがJシステムで実現した「真の三方よし」。信頼の輪は急速に広まっています。

【株式会社 Office bebe 会社概要】
住所:〒107-0052東京都港区赤坂4-13-5
代表者:代表取締役社長 八島 国博/取締役副社長 八島 加代子
URL:http://www.officebebe.com/

※コロナの影響で在宅勤務がほとんど ZOOMによる社内会議のご様子

【お願い】ライトアップラボFBページへのいいね!をいただけますと嬉しいです!
少しでも皆さんのお役に立てるような情報をこれからも発信していければと思っております・・!

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP