【Jシステム導入インタビュー】株式会社キャドネット様(システム開発/神奈川県)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もう“補助金不採択”に振り回されない!

工務店を支える株式会社キャドネットの次の一手はJシステム

株式会社キャドネットは、プレゼンテーションを意識した完全3次元CAD『Walk in homeウォークインホーム』を開発・販売する会社です。他にも、工務店さんとお施主さまとを結びつける『すまいポート21』を運営するなど、お客様のその先にいる消費者の気持ちまで考える企業として、間もなく創立20周年を迎えようとしています。そんな株式会社キャドネットが、このたび助成金の自動診断システムである“Jシステム”を導入しました。そこにはどんな課題があり、Jシステムはそれをどう解決したのでしょうか。CAD事業課長の伊藤さんにお話を伺いました。

IT導入補助金だと“不採択”で大ダメージ!!

株式会社キャドネットでは、数年前からIT導入補助金を使ってCADを導入したいというお客様のサポートをしていたそうです。CAD導入のようなIT化の取り組みに対して、最大で数百万円を補助してもらえるIT導入補助金は、資金に余裕がない工務店さまにとって大変ありがたいものでした。

「だけど、IT導入補助金は不採択が怖いんです」

と、伊藤さんは眉をひそめます。今年度のIT導入補助金の採択率は「半数以下」、貰えるかどうかはやってみないと分からないという不安感があります。また補助金額が大きいが故に、不採択だった時のダメージも大きく、申請時のストレスも大きいものでした。なんとかお客様が安心して取り組めるようなやり方はないものかと、頭を悩ませていたそうです。

助成金なら要件を満たせば必ずもらえる!

そんな時に出会ったのが“Jシステム”でした。助成金なら、要件を満たせば必ずもらえる上に、投資額に対して補填されるものではないので、IT導入補助金と併願しても全く問題がありません。もし補助金が不採択でも、助成金が貰えればダメージはかなり軽減される。伊藤さんが思い描いていた“IT導入補助金の不安感を減らせるようなやり方”にぴったりと合致したのです。

決め手は株式会社ライトアップの信頼感!

「我々には助成金のノウハウがないわけですから、“自動診断”って言われてもどれくらい信頼できるのかわからないんですよね。お客様に使っていただく際にも、信頼感は大きな問題になります」

と語る伊藤さん。その信頼感という点で、上場企業である株式会社ライトアップのサービスだということは、導入を決める大きな材料となったそうです。これまでに1万社以上の助成金申請サポートをしてきた経験がある会社のサポート体制が、導入の決め手になりました。

「ですが、本当の決め手は営業の野村さんはじめ、ライトアップのスタッフのみなさんの対応に、私自身が信頼感を持てたというところかもしれません。大切なお客様をお任せするわけですから、相手のことを考えて対応していただけるかどうかは大事でしたね」

お客様が余裕をもって本業に集中するために

今後は、IT導入補助金と合わせて、Jシステムも営業のフックとして活用していくという伊藤さん。IT導入補助金の経験から、助成金も営業の大きな武器になると確信しています。

「とはいえ、今はお客様をお助けしたいというのがまずあります。補助金の不採択だったり、コロナだったりで、キャッシュフローや集客で辛い部分を抱えている工務店さんが沢山います。そういうお客様に助成金という形で少しでも余裕をもってもらって、本業に集中できるようになって欲しいと考えています」

どんな時でも、第一にはお客様の心に気を配る株式会社キャドシステム。お施主様の心を動かす『Walk in homeウォークインホーム』と、工務店の心を伝える『すまいパーク21』、そして不安を取り除き勇気を与える『Jシステム』で、日本の建設業を支えます。

【株式会社キャドシステム 会社概要】
住所:神奈川県厚木市中町2-12-15アミューあつぎ3F
TEL:046-297-3395
FAX:046-297-3396
営業時間:9:00-18:00
定休日: 日・祝祭日

【お願い】ライトアップラボFBページへのいいね!をいただけますと嬉しいです!
少しでも皆さんのお役に立てるような情報をこれからも発信していければと思っております・・!

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP