【Jシステム導入インタビュー】GMOあおぞらネット銀行株式会社様

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

共に成長する金融機関を目指して

渋谷発の銀行「GMOあおぞらネット銀行」がJシステムで実現するスタートアップ支援

GMOあおぞらネット銀行は2018年にインターネット銀行事業を開始し、テクノロジーを武器に、法人口座開設・維持費無料、安価な振込手数料、クレジットカードのような審査を必要としない法人デビットカード発行などを用意し、スタートアップや中小企業から評価を得ています。さらに、高止まりしていると言われる振込手数料に風穴を開けるべく、法人のお客さま向けに国内銀行初となるサブスクリプションプログラムの提供を開始し、お客さまのビジネスと「共に成長する」ための事業を続々と打ち出しています。そんなGMOあおぞらネット銀行が、次の一手として選んだのがJシステム。この補助金・助成金の自動提案システムの導入でどんな未来を描いているのか、GMOあおぞらネット銀行企画・事業開発グループの小野沢さんにお話を伺いました。

・スモールビジネス、その果実が実るまで

「短期的には、お客様の問題が解決さえしてくれればいいと思っています」
と、小野沢氏は語ります。これまでもソリューション提案型の金融機関として、従来の常識を超えた金融サービスを提供してきたGMOあおぞらネット銀行。しかしニーズは存在するものの、助成金・補助金は必ずしも金融サービスの利用に繋がるものではありません。それでも、お客様にとってのソリューションになるなら導入する、という判断をしました。
「お客様の問題が解決するということは、事業が好転・拡大するということです。するとその先には、必ず金融サービスが必要になる場面が訪れる。その時に我々がお役に立てればいい」
まさにお客様のビジネスと「共に成長する」というビジョンの通り、長期的な視座に立った選択がJシステムの導入でした。

・必要なのはスピード、そして価値観の共有

そして、決め手となったのは株式会社ライトアップの「スピード」と「理念」です。スモールビジネスとっては早さと柔軟性が最も重要というのが、小野沢氏の考えでした。GMOあおぞらネット銀行のビジネスは、従来の金融機関ではなくスタートアップ企業の水準のスピードで動いています。このお客様目線のスピードについてこられるパートナーとして選ばれたのが、株式会社ライトアップだったのです。
ここまでお客様と「共に成長する」姿勢を貫くGMOあおぞらネット銀行。「だからこそ、“すべての中小企業を黒字に”というライトアップの理念こそが真の決め手だったのです」と小野沢氏は語ります。お客様ビジネスの発展と繁栄という理念を共有できるなら、協力し合えば共に未来が開ける、というのがJシステム導入の本当の理由でした。
ベンチャー企業のスピードと柔軟性、そして金融機関らしい長期的ビジョンと広い視野。GMOあおぞらネット銀行のJシステム導入で、社会全体が「共に成長する」未来が見えてきます。

【GMOあおぞらネット銀行株式会社 会社概要】
本店:東京都渋谷区道玄坂1―2―3 渋谷フクラス
代表者:代表取締役会長 金子 岳人、代表取締役社長 山根 武
資本金:155億4,132万円
URL:https://gmo-aozora.com/promotion/lp/business_prime/?aid=lightup&cid=prime&utm_source=lightup&utm_medium=mail&utm_content=prime&utm_campaign=non

【お願い】ライトアップラボFBページへのいいね!をいただけますと嬉しいです!
少しでも皆さんのお役に立てるような情報をこれからも発信していければと思っております・・!

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP