【Jシステム成功インタビュー】ファイナンシャルアライアンス株式会社・松村さま(保険代理店/東京都)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「個人のお客様に勤務先を紹介してもらう」

ファイナンシャルアライアンス株式会社は、2005年設立の保険代理店です。助成金申請に関するサ―ビスは、保険勧誘とシナジ―が高いと考え、2020年10月にJシステムを導入しました。それから3か月、どんな成果が出ているのでしょうか。徳島支店の福永さんに、株式会社ライトアップの白木がお話を伺いました。

システムはいつ頃から使い始めましたか?

ちょっと遅れて始めたので、11月くらいでした。

福永さんご自身としては、Jシステムにどんな印象をお持ちでしたか

新型コロナウイルスの流行で、多くの経営者が改めて助成金や補助金のありがたさに気づきました。なので、ニーズは絶対にあるだろうなと思ったのですが、実は僕のお客様に法人さんってあんまりいないんですよ。個人の方が多くて。

法人メインではないんですね!それで全国トップの診断数、どんな工夫をされたんですか?

まずは、数少ない法人のお客様にはすぐご案内しました。その後は個人のお客様から、勤務先の社長さんや総務の方をご紹介していただきました。会社にとっては絶対に良いお話なので、皆さん快く社長さんに繋いでくれましたよ。時期的なこともあり、サラリーマンも会社の今後に危機感をもっていますし、助成金もらうために働く環境がよくなったら本人も嬉しいですからね。

そこから、本業の保険営業に何か影響はありましたか?

ありました!そうやって繋いでいただいた社長さんで、保険の契約に至った方がいます。助成金は結局やらない判断でしたが。ですが、社員さんも経営者の方も知りたい情報をJシステムでお届けできたからこその成果です。

なによりです。ちなみに、助成金はどういった理由でやらないという結論になったんですか?

この方に限りませんが、私の体感的には、まず申請サポート初期費用の36万円を払えるかどうかで一回目のお断りが入ります。その次に、本業がお忙しく、ライトアップさんからご案内していただくための45分がどうしても取れない、という会社さんもいらっしゃいます。

費用のことなんかは、福永さんから予めご案内していただいていたんですね

はい。私はアポを取る段階でお話するようにしています。で、36万払ってどれくらい手元に残るのか診断してみましょうよ、と持ち掛けていました。

ありがとうございます。福永さんのお客様は成約率が際立って高いのですが、おそらくそれが原因ですね。

そうなんですね。確かに、初期費用がかかる前提でそれでも興味がある、という方しか診断してないですからね。1枚フィルターがかかっている形にはなりますね

―サポート契約を結んでいただいたお客様から、なにかフィードバックはありましたか?

まだ何も聞いてないですが、助成金をもらえるところまでいけば必ず感謝される取り組みではあるので、皆さんに喜んでいただけているとは思います。

―お伺いしたいことは以上になりますが、最後になにかございますか?

実際にJシステムきっかけで保険の契約が取れていますし、営業ツールとしてはとても有効だと思います。私のように法人のお客様が少ない営業マンでも、工夫次第で成果が出せましたし…他の支店にも個人メインの営業マンは沢山いますので、インタビューを通じて工夫した事例を広めてもらえたら嬉しいです。法人のお客様には必ず喜んでもらえるサービス・情報だと思いますので、これからも二人三脚で広めていきたいですね。よろしくお願いします。

―こちらこそよろしくお願いします。本日はありがとうございました。

ありがとうございました。

【ファイナンシャル アライアンス株式会社 会社概要】
代表取締役:松村 光範
本社所在地:東京都港区赤坂2丁目9番11号 オリックス赤坂2丁目ビル5階
拠点数:58拠点(2020年9月現在)
業務内容:◎生命保険の募集に関する業務
◎損害保険代理事業および自動車損害保険保障法に基づく保険代理
◎上記各号に関する事業のコンサルティング業務 等
URL:https://www.fa-a.co.jp/
#ファイナンシャルアライアンス様「導入」インタビューはこちら
https://www.writeup-lab.jp/interview/4057

【お願い】ライトアップラボFBページへのいいね!をいただけますと嬉しいです!
少しでも皆さんのお役に立てるような情報をこれからも発信していければと思っております・・!

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP