【Jシステム導入インタビュー】炭平コーポレーション株式会社様(建設資材/長野県)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

価格競争からの脱却!

炭平コーポレーション株式会社がJシステムで拓く地域の未来

炭平コーポレーション株式会社は慶長19年から400年以上続く伝統ある企業です。明治時代にセメントの取り扱いを始め、現在では販売する建築資材の種類は10000点以上。長野県内のみならず、東京、新潟、仙台にも営業所を持つほどに拡大しています。そんな炭平コーポレーション株式会社が今回、助成金の自動診断システムである“Jシステム”を導入しました。そこにはどんな課題があり、Jシステムはそれをどう解決したのでしょうか。社長の鷲澤幸一さんにお話を伺いました。

泥沼の価格競争を脱する

「建材屋ってのは、オンリーワンの商品を持ってないんですよ。どうしても価格競争になってしまう」

と、鷲澤さんは肩を落とします。資材メーカーが開発・生産した資材を、工務店に売るという立場上、競合他社と扱う商品は同じものになります。そこで差別化を図ろうとすると、どうしても価格競争に陥ってしまう。そこで注目したのが、Jシステムを使った助成金の申請サポートです。

「助成金のことを知らないという会社も多い。そこで使える助成金を教えてあげられたら、それは一つ価値になります。また、面倒だから申請していないという経営者も多い。その場合でも、ライトアップさんにお願いすれば申請サポートをしてもらえます。これを炭平として提案できれば、他社にない価値提供ができる。そうすれば、価格競争から脱することができると考えました」

JシステムはOEMなので、炭平コーポレーション株式会社のサービスとして打ち出すことができます。“安さ”ではなく“価値”を届ける会社として、ブランディングすることが可能です。

決め手は、お客様のためになるから

Jシステムを活用することで、泥沼の価格競争で疲弊することから脱出した炭平コーポレーション株式会社。とはいえ導入の決め手となったのは、Jシステムがお客様の役に立つと確信したからでした。

「我々のお得意様である、地場の建設会社さんや地域の工務店さんは本当に厳しいんです」

と語る鷲澤さん。新型コロナウイルスの流行によるだけではなく、大手ビルダーとの競争による疲弊が限界に達していると感じているそうです。

「そういう状況ですが、助成金をとしてまとまったキャッシュを手にしてもらえれば、まだまだ一緒に頑張れる。自分たちはそのサポートができればと考えています。まずは年末年始のご挨拶の折に、“助成金もらいましょうよ”とご提案する予定です」

江戸、明治、戦前、戦後と、長きにわたって地域の産業を支えてきた炭平コーポレーション株式会社。これだけの伝統を築き上げたきた背景には、“地域で支えあう”という哲学が連綿と受け継がれてきたからなのかもしれません。厳しい幕開けとなった令和の時代にも、炭平コーポレーション株式会社はJシステムという新しい価値を手にして、次の100年へと歩み続けます。

【炭平コーポレーション株式会社 会社概要】
会社名:炭平コーポレーション株式会社
設立:昭和23年 7月
資本金:1億円
URL:http://www.sumihei.co.jp/index.php

【お願い】ライトアップラボFBページへのいいね!をいただけますと嬉しいです!
少しでも皆さんのお役に立てるような情報をこれからも発信していければと思っております・・!

ピックアップ記事

アーカイブ

PAGE TOP